へのへのもへじ工作室
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは何?
まだ寒いころですが、大阪にある交通科学博物館に行ってきました。
そのときのお話を少しさせていただきます。

こちらは、展示車両は手入れはされているものの、野外展示のためか塗装の艶がなくなっていたのがちょっと残念でしたね。車両は皆さんもご存知でしょうし、ホームページにも記載されていますので、写真は省略です。

今回ご紹介するのは、写真の回転変流機と水銀整流器という設備です。昔、電気を交流から直流に変換するのに使っていたものです。
電気に詳しい方はごぞんじでしょうが、昔は発電、送電は交流で、そのあと直流に変換して架線に電気を流し、直流モーターを回転させていました。

一つ目の回転変流機とは、自ら回転して直流を取り出せる変圧器といったかんじでしょうか。車両のモーターと違ってほとんど回りぱなしだったでしょうからメンテナンスが大変だったでしょうね。

また、水銀整流器は回転部がなくなったものの、これもまた取り扱いがやっかいだったようです。昔は今のシリコン半導体が実用化されていなかったので、整流するだけでも大変だったのですね。でも、現在の技術もまた時代が変われば、今とは違った見方になるのでしょう。

次は、名古屋に新しくできたリニア鉄道館にも行ってみたいものです。


AUTHOR: アイスマン
DATE: 07/17/2011 11:26:28
目がシャープというか、渋いですね。私は軽く通り過ぎていたいました。整流の歴史も昔の方々の創意工夫が溢れていたのですね。
そう思うと交通科学博物館もいっぱいスルーしてきた展示物があるのでしょう。機会をつくって行ってみたくなりました。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

へのへのもへじ

Author:へのへのもへじ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。