へのへのもへじ工作室
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センサーレールを試作する
自動運転は鉄道模型を始めた方の夢の一つというのは言い過ぎでしょうか?
先日の自動往復運転では秋月電子の電流センサー(一つ百円)で、これはうまくいったと思っていたのですが・・・その後、いろいろと話しを聞くと「完成したレイアウトではそもそもギャップを切れない」とか「センサーからの配線が面倒である」とか、いろいろと使い勝手向上を望む意見が多いことに気づきました。

そこで、なるべく簡単に後付けできるよう、光学式センサーと赤外線通信の組み合わせを試しています。3年ほど前に自動信号機で試した回路をベースに試作してみました。
201701291.jpg
固定式レイアウト以外でも簡単に使えるよう、KATOユニトラック道床内蔵で作りました。小型マイコンで2つのCDSの照度を比較して検知するものですので、通過方向も認識できます。今回はバラックで組んでいますので、配線は綺麗とはいえません。
201701292.jpg
横に突き出た赤外線LEDでデータを送信します。前回のターンテーブルではテレビリモコンのプロトコルでしたが、今回はマイコンのシリアル通信で処理できるようちょっと工夫しています。
201701293.jpg
ところが、
arduinoのプログラムを変更しようとしたら、パソコンのバッテリがない!。往復運転ユニットのソフトは家族と共用のサブPCに入っていまして、この先は来週になりそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://henohenomoheji.blog22.fc2.com/tb.php/361-943b3f73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

へのへのもへじ

Author:へのへのもへじ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。