へのへのもへじ工作室
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西で鉄分補給(京都編)
大阪を堪能した次は、京都です。またこの移動中の近鉄の案内で「東寺」ってヒガシデラではなくトウジと読むことをしり、落ち込みます。さらには、大阪でエスカレータは左を開けなくてはならないと覚えたはずが、また京都では左に戻って◇△?!となります。

さて、京都の一日は京福電鉄で始まります。(写真は帰りに取ったものですが)
DSCF2897_R.jpg
終点の嵐山で下車すると、
IMG_0527_R.jpg
最高の天気です。その後他の観光地にも立ち寄り、午後に京都博物館に移動します。

前売り券があったので入門はスムーズ、入門すると突然隣にこるとれーんさんが現れてびっくり!です。3分と経たないうちに一度外にでて食事、そこで予習をさせていただいて、再入場です。

あたらしい入口をくぐると、テレビでもよく紹介されているここに来ます。
IMG_0540_R.jpg
真ん中のクハ581です。今度、KATOから発売されるシャッターフォンですね。
DSCF2854_R.jpg
横にまわると、583にはない機械室のカバーです。こう見ると車体は結構歪んでいているようですね。相当、酷使されたのでしょうね。
DSCF2865_R.jpg
このほかにも、いろいろと新し目の車両が増えてますね。

こちらは、大阪にあった回転整流器ですね。交流で同期モータを回し、ブラシで整流された電気を取り出します。また、隣にはED71とかに搭載されていた水銀整流器もありました。今でこそ、半導体で簡単に整流できますが、昔は大がかりな装置が必要だったのですね。
DSCF2840_R.jpg
2Fは、いろいろと資料が展示されています。また、上から覗くとようやく人気が高い500系の写真が撮れました。鼻がかけているのがちょっと残念です。
DSCF2830_R.jpg
外に出ると見事にSLが並んでいます。夕方に近いため、だいぶ混雑も解消されてきました。
DSCF2886_R.jpg
ターンテーブルの構造やピットの色合いは今後のターンテーブル廻りのウェザリングの参考になります。
DSCF2882_R.jpg
最後に家族の分と合わせて自分の土産を購入。普段はあまりキャラクタ物は買わないのですが記念ということで「ウメテツ」の貨車です。
DSCF2903_R.jpg
この3日間、いろいろと楽しめました。さて、明日から残りの休暇は工作再開といきたいですね~。
スポンサーサイト

コメント
嵐山でしたか
へのへのもへじさん
こんばんは。京都観光は嵐山だったのですね。嵐電嵐山駅で足湯はされましたか。
地名の読みは関西に限らずややこしいです。エスカレーターはなぜか京都だけは逆なんです。なんでかようわかりません。
以前に梅小路に行った時に写真をかなり撮ったつもりでしたが、ターンテーブルの根本は撮っていませんでした。
写真の鼻が切れていることで、500系も鼻が長いということが、改めてよくわかるかと。鉄分補給後の工作記事を楽しみにしております。
[2016/05/09 00:20] URL | アイスマン #- [ 編集 ]

嵐電
こんばんは。

"嵐電"ていうのですね・・・朝早くて足湯は営業していませんでした。
ターンテールは、KATOの製品をどう加工するか、参考にしたかったからです。でも根元が太いので、ここを似せるのは至難の業ですね。

500系ですが、やはり今でも人気が高い理由がよくわかります。隣の583より相当低いですね。乗っていては、狭さを感じるのですがね。東京乗り入れが終わるちょっと前に、息子と記念乗車したことを思い出しました。

工作ですが、なかなか再開できません。京都から戻ると、翌日会社から電話がありましてね・・・(以下 省略)。
[2016/05/09 20:17] URL | へのへのもへじ #- [ 編集 ]


こんにちは!
京都、いいですね~。
嵐電、実は今年のモジュールはこれでいこうか?と考え中です。
やっぱり私、路面電車は好きですね。
最初は伊予鉄をテーマでいこうと思っていたのですが…。σ(^_^;
京都の博物館はまだ行っていませんが、今年中にはなんとか行きたいです~。σ(^_^;
[2016/05/29 12:53] URL | みぬ鉄 #- [ 編集 ]


みぬ鉄さん、こんばんは

嵐電って、道路や街中をすり抜けて走るのが、たのしいですね。ちょっと、江ノ電とも似てる感じです。モジュールに似合う場面も多そうですね。

今回は機会があって京都を訪れましたが、天候にも恵まれ想像以上に楽しめました。鉄道博物館は午後だったので土産物屋以外は行列はなかったです。

やはりたまには旅行はいいものです。機会があれば、四国にも足を延ばしてみたいですね!(仕事で行く機会も減ってますし・・・)
[2016/05/29 21:03] URL | へのへのもへじ #- [ 編集 ]

鉄道博物館
初めまして。よろしくお願いします。
鉄道博物館に行かれたのですね。
私はまだです。
梅小路蒸気機関車館の時は『聖地』と呼んで数回行きました。

秋に京都へ行く予定ですのでその時に行きます。
[2016/06/25 23:04] URL | ちくもん #- [ 編集 ]

鉄道博物館
ちくもんさま
はじめまして、梅小路に何度もいかれているのなら、慌てることもないですよね。
秋ならばだいぶ混雑はおさまっているかと。のんびりできるのではないでしょうか。

私は梅小路時代は一回訪問しただけですが、転車台の雰囲気はそのまままで安心しました。また、大阪交通博物館から引き継いだものもあって安心しました。いつ行っても懐かしむ場所として長く続けてほしいですね。






[2016/06/26 14:36] URL | へのへのもへじ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://henohenomoheji.blog22.fc2.com/tb.php/344-2b765de7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

へのへのもへじ

Author:へのへのもへじ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。