へのへのもへじ工作室
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツの電気&ディーゼル機関車
最近、海外物の話題が少ないような気がします。確かに思い入れを持つ方も限られるし、特にNでは寂しい状況ですね。私はスイス物を中心に片手間に集めている程度ですが、縁があってドイツの機関車を増備しましたのでその報告です。

まず青いBR110ですが、オリエントエクスプレス等の牽引用に入手しました。見た目の通りオーソドックスなデザインで、また地味な色合いです。実はBR110は赤に次いで2台目ですが、未使用品なのに破格でしたので手が伸びました。古い製品で期待していなかったのですが、非常にスムーズに走行しますし牽引力も十分です。

次はロット式電機のBR132です。ロット式電気はスイスのクロコダイルが有名ですが、こちらは車体の一つのモーターで3つの動輪を駆動する方式のようで、走行時のロットの動きが面白いです。また写真でわかる通りフランジが非常に高い製品で、新レイアウト作成時の走行試験用(リミットサンプル)に活躍しています。

最後は、ディーゼル機関車のV200です。この車体側面の「Deutsche Bundesbahn」のロゴ入りをずっと探していました。BR103同様、この当時は先頭が丸いデザインがはやったのでしょうね。懐かしい形だと思ったのは私だけでしょうか?また、DF91のような金太郎塗装ですが、これも当時はやったのでしょうね。また、この模型を購入してからこの試作型(V200.0)と量産型(V200.1)ではボンネット部分の形が違うことを知りました。マニアの方ならすぐわったのでしょうけど、

この3台はそれなりに古い製品ながらも多くのKATO、TOMIX以上に静かでスムーズに走ります。パルスコントローラで動かしても、ビビリ音がしません。また、車重があるので走行も安定していて、最近の日本形が忘れた質感があるように思えます。

AUTHOR: DB103
DATE: 05/11/2015 22:42:53
BR 110の雨樋なし、ヘッド/テール分離型はもっとも一般的な型式ながら、2線式製品がありません。
うらやましいです。
この製品はかなり古く、当方も35年くらい前に持っていましたが、走りはいいですよね。
あと、新型電機はパンタ1個を上げています。
旧型機は2個パンタも多いですね。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

へのへのもへじ

Author:へのへのもへじ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。