へのへのもへじ工作室
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒染めにチャレンジ【3】
今日も、化学の実験記録です。先日までの実験で、素材によって染まり方に差があるのはわかっていたのですが、実はKATOのトレーラ車輪でも新、旧で違いがあることがわかりました。

まず、KATOのトレーラ車輪は、
 車軸とタイヤの間の凹みが丸く表面が鏡のようなもの−グループA
 車軸とタイヤの間の凹みが水平で表面は白銀色のもの-グループB
に分かれます。
一枚目の写真で右4つがグループA、左4つがグループBです。

2枚目の写真が黒染め後です。一番左の1個は未処理のものです。黒染め液につけるとグループAのものは20秒ほどで真っ黒に染まり、グループBは数分でKATOの黒車輪ほどに染まるものの真っ黒にはなりません。

自分の好みとしてはグループBですが、最近のもの(十年以上)は、
グループAのものがほとんどだと思います。ネットで検索しても多くの方は真っ黒に染まっています。

先日染めた鉄コレ動力はグループBですが、その後の調査で分かった範囲で記録します。

グループAー数十秒で真っ黒になる
 最近のKATO車輪(動輪を含む)
 TOMIXトレーラ標準車輪
 鉄コレトレーラ車輪(昨日購入)
 マイクロエースの貨車の車輪

グループBー黒味が増すが真っ黒にはならない
 鉄コレ動力車車輪(数年前購入)
 古いKATO車輪(動輪を含む)

なお、グループAのものを薄く色づけするには、黒染め液につける時間を秒単位で管理すればできます。黒染め液から引き揚げた後に水の中に放り込めば反応が止まります。ただし、少し茶色っい色で斑ができやすいです。

また、グループAを真っ黒に染めた後は粉をふきやすく、それをティッシュで拭うと表面の黒がはがれて元のメッキが見える場合があります。時間をおいてからであれば若干はがれにくいのですが、それでも完全ではありません。その場合は紙ヤスリかマッハのキサゲ刷毛で黒染めされたところを清掃してもう一度やり直すこともできます。












AUTHOR: のぐろう
DATE: 08/16/2014 20:28:00
へのへのもへじ様
実験お疲れ様です。
生産時期やメーカーによって染まり具合が違うとは目から鱗です。
粉吹き>私はGMの車輪を試しに染めたらムラ+粉吹き・・・。気になって擦ったらメッキがペロリと剥がれて真鍮むき出しに。
戦意喪失の撃沈モードでした。(根性なし・涙)
もう一度染めてみようと思います。
^^
蒸機の動輪を嵌めたまま回転させて染めるのはアイデアですね!
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

へのへのもへじ

Author:へのへのもへじ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。