へのへのもへじ工作室
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーターの電流波形を測定するつもりが・・・
オシロを借りることができたので、KATOモーターの電流波形を測定しようと思いました。手元にあったモーターを無負荷の状態にして測定しましたが、電流波形が明らかに変です。

そういえば、このモーターは故障した動力車から取り出したような・・・よくみると、周期的に電流がゼロになっています。これは、コミューターと巻き線間で断線したとしか考えられません。たしかにローターの角度によっては起動しません。

モーターを分解してコミューター間の導通をチェックすると明らかに一つだけつながっていません。でも、巻き線は外れていないようです。接続不良と思われるところにはんだを盛りなおすと無事復活しました。

ところで、このモーターは何から取り外したのだろう。交換用モーターはどうやって手にいれたのだろう。自分で修理したと思うのですが、謎です・・・

AUTHOR: にしおか
DATE: 02/11/2010 00:47:42
できれば、より一般に入手が容易く汎用な鉄コレで測定頂けますれば非常なる参考になるのですが、、、やっぱ無理かね?
スポンサーサイト
コメント

にしおかさん、mackbeemerさん、ゴーン辻さん
いろいろとご指摘いただき、ありがとうございます。
まず「コミューター」は私の勘違いで、ご指摘の表現が正解だと思いますのでご容赦ください。
あと、このモーターは、KATO Nゲージのフライホイール化される前の5極モーターです。たしかに写真で見ると、HO用にも見えますね。鉄コレは、そのうち手持ちの動力ユニットを分解し調べてみようと思います。
今後ともよろしくお願いします。
[2010/02/11 17:22] URL | へのへのもへじ #79D/WHSg [ 編集 ]


Nで5極とは工芸品の世界ですね。
私は3極しかないものと思っていました。
クルマのエンジンで言うところの6気筒と4気筒みたいなもんですかねぇ。
5極は1極あたりのコイルが生む運動ベクトルこと弱くてトルクも痩せているけど、そのぶん滑らかに回すという発想を感じます。
3極だと、TOMIXのコミュテータのように鉄心を大きく捩じって積層してあり、エンジンのバルブタイミングのように、永久磁石の磁束を切るタイミングをオーバーラップさせて滑らかな起動を狙った(と思われる)ものがあります。
このモータは2ハンドルPWMパワーパックのテストベッドとして散々喧しく唸ってくれました。ジリジリと回る様はモータを苛めているようで、気の毒に思えたものです。
[2010/02/12 02:05] URL | ゴーン辻 #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

へのへのもへじ

Author:へのへのもへじ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。