へのへのもへじ工作室
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BR103デコーダー取り付け
少し前に購入したMinitrix BR103のDCCデコーダー取り付けのメモです。最近のヨーロッパ車両にはNEM651規格の6ピンコネクタが準備されており、元からついている基板を抜いてデコーダー(今回はKATO DZ125IN )を取り付けるだけです。ただ取り付けるときに基板の表裏を間違えないようにしたほうがいいようです。製品によっては明確な指示がなく、わかりにくいです。

今回デコーダーを取り付けてライトが暗いことに気づきました。NEM651では、電球に流れる電流がレールからの脈流となり、電流が半分ほどに減るようです。まあ、電球の寿命を考えるといいのでしょうけど。

そこで電球色LEDに交換しますが、付属基板とDCCデコーダーでは片側のみ(回路図で後ろ側)電流の流れが逆になることに注意が必要です。また、DCCデコーダーを取り付けたままアナログ運転でもライトを点灯させるのなら、後のLEDのデコーダー逆側も反対側のレールに接続しないとなりません。まだ、KATO DZ125INだけかもしれませんが、片側だけLEDが完全に消灯しない現象がでました。たぶん、DCC信号がノイズとなってLEDに流れているのでしょう。そこで、LEDと並列にコンデンサを追加して対策とします。

結構手間がかかったのですが、これでDCC運転、アナログ運転とも ライトが正常に点滅するようになりました。また、加工中に信号をショートしたりするとデコーダーの保護回路が作動して、動かなくなるようです。このときは、コントローラ(D101)でアドレス解放、再設定するとエラー状態にリセットがかかるのか、再び使えるようになるようです。電源のオフ、オンで治らなくても、細かい理由はわからないのですが、経験からすると何か処理がされているようです。もし、デコーダーが動かなくなったときには、試してみる価値がありそうです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

へのへのもへじ

Author:へのへのもへじ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。