へのへのもへじ工作室
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのDCC
先日の初めてのサウンドデコーダー購入をきっかけにDCCが気になっておりました。いくつかの模型店で話を振ってみたものの、詳しい情報をお聞きすることはできませんでした。(かなり詳しい方もいたのですが、私の知識があまりにも乏しく基本を知ることは大事だと感じました)

やはり自分で試すしかないと決心し、Minamiさん他のアドバイスもあってKATOのDCC入門セットとDCCフレンドリーデコーダー3個を購入してみました。他のDCCコントローラと比較すれば格安なのでしょうけど、今回の組み合わせで約22000円、私にとってはちょっと思い切った出費です。ホビーセンターカトー扱いで通常のKATO製品より割引率が低いのがちょっと残念でした。

まずは、「DCCフレンドリー」という位だから、どの位簡単に始められるかの確認です。テスト車はキハ181系、まず先頭車はスイッチのあるあたりのパーツだけはずしてデコーダーFL-12を差し込みます。なお、先頭車は同一編成で逆を向くので、互いに差し込む方向を変える必要がります。差し込むにあたって事前に聞いたとおりちょっと引っかかりがあり、プリント基板の端ををライバーで押しこみました。(そのときに基板の上の電子部品は触らないように注意したほうがいでしょう)

また、動力車はボディを外した後に、床下パーツと台車を外しました。こちらもデコーダー(EM-13)を差し込むだけなので簡単です。また、給電コネクタがKATO専用ですので、TOMIXのコネクタに変換するケーブルだけは作成して試運転を行います。

まず、コントローラの方は、アドレスを3(デフォルト)に指定しないと、動かすことができません。こういう基本的なことは、ななめ読みしやすい日本語マニュアルがあって助かります。

試走は一発で成功、その後アドレスを変更(181系なのでアドレスも181に)するまで約1時間で、何一つ問題無く動かすことが出来ました。

アナログ走行との比較ですが、走行は特に気になるところはありませんでしたが、微低速は低周波コントローラのほうが安定しているかもしれません。その代わりにライト関係は明るさが一定ですし、消すこともできるで、DCCのほうがちょっと便利ですね。

また、思った以上にうまくいったので、この2つのデコーダーがアナログコントローラーでどういう動きになるのか調べてみました。

電圧制御コントローラの場合
 動力車(EM-13)
   非DCCと同様に前後とも走行する。(ただし、低速がきかない)
 先頭車(FL-12)
   常にヘッドライト(逆側はテールライト)しか点灯しない。

PWMコントローラ(自作 高周波モード)の場合
 動力車(EM-13)
    前向きだけ走行する(逆にすると停止したまま)。
    ただし低速はきく。
 先頭車(FL-12)
   常にヘッドライト(逆側はテールライト)しか点灯しない。

こんな感じで、デコーダー非搭載車とまったく同様というわけではないようです。なお、どちらも自作コントローラですので、皆さんがテストされた場合と違った結果かもしれません。

なお、DCCコントローラのレール上にデコーダー非搭載車(動力車)があったときは、唸り音がします。電流も常に流れていますので、精神衛生上よくありませんね。新D51が故障するというのはこの状態でしょうか。また、このDCCコントローラでアナログ車両を運転できるかは、まだわかっていません。



AUTHOR: ブーケフレグランス
DATE: 06/03/2013 15:00:56
DCCを、キハ181系・特急形気動車 国鉄色(KATO)に取り付けたようですね、上手に完成させましたね。

へのへのもへじさん、今後とも、DCCを取り付けた、キハ181系・特急形気動車 国鉄色を大切に扱い、末永い愛用を心がけて下さい。
スポンサーサイト
コメント

こんばんは
 ブログ内容とは 関係ないのですが
KATOが出版していた 非売品DCCマニュアルに
ついて 情報です。
 D101の取り扱い説明書(バラのリーフを
バインダーで止めたもの。セットに
梱包されているかと)の ほかに、
 KATOは「デコーダー・マニュアル」なる
資料集(同じく 製本はされてないファイル)
を 以前 頒布していたようです。
 この実物を モデルランド田中にて
見てきました。 
 内容は デジトラックス・デコーダーの
詳細。ハンダの取り付け位置。車両改造法
それと「デジトタCV値の全・完全解説」でした
 基礎編・応用編が あり、かなり高度な
内容です。DCCの「極み」です。
 出版奥付が2005年。再販の予定なし
だそうです。かなり時間経過してます。
 CVの扱いは 現在も同じですが、デコーダー
は、改良が進み、このマニュアルでは、使い物
にならない そうです。
 ホビーセンター・カトーで 閲覧はできる
かもしれません。
  
 
[2013/06/04 22:59] URL | Minami #79D/WHSg [ 編集 ]


Minamiさん
DCCマニュアルの情報ありがとうございます。デコーダー取り付けや設定に関する情報なのですね。もう少し詳しくなってから、どちらかで閲覧してこようと思います。
今回の組み合わせだけでも、DCCはどのように通信しているのか、またスロットルの拡張に使えるloconetはどんなものなのか(自作できそうなものか)、いろいろと調べたいことが溜まってきており消化不良状態ですが、楽しい悩みです。
これからもよろしくおねがいします。
[2013/06/05 21:02] URL | へのへのもへじ #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

へのへのもへじ

Author:へのへのもへじ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。