へのへのもへじ工作室
09 | 2015/10 | 11
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キット製作&マイコン工作再開
引き続き、こちらを製作します。今度はアオファーゲン(フォルマーの間違いでした)というメーカーのものです。
P1010757_convert_20151012215748.jpg
国内調達で値段はちょっと割高で2200円でした。海外だと12ユーロ位です。
P1010768_convert_20151012221032.jpg
裏側に透け防止の黒をスプレー塗装後、白壁とレンガをウオッシングで汚してから貼り付けます。最近プラモデルを作ってなかったせいかここまで来るのに時間がかかりました。続きは次回になります。

また、インターネットで操作するしくみを作るために
http://www.microtechnica-shop.jp/shopdetail/000000000001/
を買ってきました。
P1010771_convert_20151012221855.jpg
右上の部品で、レイアウトを動かすマイコンとWifiをつなぎます。
いろいろあってなかなか動かなかったのですが、
http://tech-blog.cerevo.com/archives/859/
を参考にwifiでつながったことを確認できました。
インターネット接続は以前もすこしやりましたが、今度は小型にできますし、インターネットからの操作も改善してみたいと思います。

これ以外にも、「電子工作と介護と生活と」「半空洞男女関係」とか、IoTに長けた方のブログで解説記事があります。今回の目的はターンテーブルやポイント切り替えなどレイアウトの制御ですが、すでにDCCコントローラとつなげた方もいるようです。
スポンサーサイト
PECOのキットを作ってみる
海外ミニレイアウト向けに、PECOのキットを作成しました。洋物にあう作業小屋が欲しかったのですが、説明書を見ると「バンガロー」でした(笑)。
P1010716_convert_20151001192930.jpg
バンガローにしては”地味”です。キットの合いもそれほど良くないので古い製品かと思います。昔のTMS当たりに乗っていたような気がします。値段はイギリス通販で6ポンドほど、1000円位ですね。
P1010726_convert_20151001193809.jpg
箱もので組み立ては簡単です。せっかくなので表はモールド色を活かし、裏側は黒のスプレーで遮光しました。また接着部も裏から筆塗りで隙間を埋めて照明が漏れないようにしています。
P1010727_convert_20151001194741.jpg
組立直後の姿はこんな感じです。なんか、地味過ぎて味がありません。街コレのほうがまだましです。
P1010729_convert_20151001195138.jpg
練習を兼ねてウエザリングしてみました。
煙突→ダークグレー(エナメル)でウオッシング、その後ライトグレーでドライブラシ
雨どい→黒(エナメル)でウオッシング
屋根→濃いグレー(エナメル)でウオッシング、その後茶色などの混色パステルを擦り込み
壁→少しだけ黒パステルを擦り込み
少しは見れるようになりましたかね。でもバンガローには見えませんね。レイアウト取り付け時には、草木もつけたいですね。

また、ブログ村も試してみました。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村



続きを読む


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

へのへのもへじ

Author:へのへのもへじ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。