へのへのもへじ工作室
11 | 2014/12 | 01
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の入線
今年最後の投稿です。ドイツのSL BR23とDBの客車が入線しました。

BR23は、日本形ではC58位に相当する機関車でしょうか?デザインも新しいほうかと思います。メーカーはfleischman 新品ではありませんが、走りもスムーズです。

また、客車は3ドアで中央にもドアがあります。通勤にも使えそうな普通の客車ですね。すこし短めです。

まだまだ知らない車両も多いのですが、今年になって少しぶドイツ型も分かってきたような気がします。ただ、円安の影響が国内のオークションにも表れているようでなかなか増備できませんが、来年はマイペースですすめしょうと思います。

今年一年、いろいろとありがとうございました。





スポンサーサイト
土手の習作と芝生の達人もどき(続き)
さて斜面となる部分に段ボールを貼り付けて雑草を生やしてみます。こちらは、ぎっしゃさんのアイデアを拝借し、ノッホの「芝生の達人」のような道具を自作、芝?を植えます。製品を買うと1万以上するのですが、蚊取りラケットを改造するので格安です。

材料を帯電させてから振りかけることで繊維を立たせるのですが、カップの部分には水道管などで使うパイプの継手を使います。ホームセンターで100円位で買えます。

また、合わせて植木鉢の底に敷く金網を購入して、片側をふさぎます。蚊取りラケットを分解し配線の片方を金網に、もう片方はリード線を伸ばしてワニ口クリップを付けます。カップとラケットはエポキシ接着剤で固定します。

段ボールの表面に木工ボンド水溶液を塗り、ワニ口クリップをつないで、軽くたたいて振りかけます。
試した素材は左から
 model stone のグラスセッション
 下地にシーなりパウダー+model stone のグラスセッション
 オリジナル「芝の達人」
 スポンジ?の素材を手張り
 tomixシーナリマットの繊維をはがしたもの
となります。model stone のグラスセッションが一番きめが細かいですね。また、いろいろと混ぜて使うことで変化が出せるかもしれません。思いのほかうまくいったので、次はレールとバラストを試してみます。

注意:
金網とワニ口クリップが接触するとパチッとスパークします。まだ、1kV以上の電圧と思われますので、感電の危険が伴います。蚊取りラケットの改造はご自身の責任となります。

土手の習作と芝生の達人もどき
組立式レイアウト作成の準備として、土手というかスロープ部分の製作方法をいろいろと検討していました。先日Shigeponさんの段ボールの山のブログを見て、スロープも段ボールでできないか試してみました。

芯というか柱になる部分は蛇腹構造として、土台と路面でサンドイッチする構造で軽量化を図ります。ウッドランドから発泡スチロールでできた商品もあるようですが、こちらの方が勾配も自由に変えられるし、そもそも材料費も節約できます。試作してみると蛇腹の接着にちょっとコツが要りますが、必要十分な強度があることがわかり、まずは成功です。

続きを読む
Merry Christmas♪(3)
昨年組み立てたコテージとツリーをようやくミニレイアウトに取り付けて点灯させました。ツリーは金と銀(電球色LEDと白LED)で飾り直しました。自動点滅はおもちゃっぽいのでやめて、点灯、消灯をDCCもしくは赤外線リモコンで制御します。

試走はクリスマスらしく赤い機関車(タウルス)と赤いコンテナ車です。また、点灯加工したドーム客車もなかなかいい雰囲気です。しかしレイアウトはまだ空き地だらけ・・・今年もあと一週間、まだやりたいことが山ほどあります。どこまで進むものか・・・





続きを読む
KATO NSEを比較する
久しぶりの投稿です。KATOのNSEが入線しましたので簡単な報告です。全体の印象は、予想通り完成度の高い仕上がりです。連結部が海外型のET425のように扱いやすくなっているようで、11両分割状態で収納されていても気になりません。

早速手持ちのマイクロエース(小田急限定品)と比較します。ボディの色合いは左側のマイクロエースの方が色が少しくっきりしていますがかなり似ています。ただ、屋根の色合いはちょっと違って、KATOの屋根が青っぽく、またマイクロエースはクーラーが緑っぽいです。

先頭の愛称マークは、KATOのはめ込み式がすっきりしています。
以前、マイクロエースの愛称マークを五角形に改造しようかと考えたのですが、KATOのものが発売になって、やめておいてよかったです。

さて、KATOは先頭車の照明パーツが取り付け済と聞いて室内照明をつけてみました。ボディを外して室内照明ユニットを取り付けるだけです。分解はボディを拡げるだけで簡単です。このあたりの構造と組立精度はKATOが一番ですね。

点灯させてみると専用照明パーツが1番席まで明るく照らします。同じKATOでLED照明に改造したHiseと比較します。かなり、明るすぎるのでライトユニットの抵抗を変えて暗くしたほうがよいようです。
なお、集電は台車1つだけで通電カプラーはありません。ウエイトも少ないのでレールの汚れに敏感かもしれません。

次は、年末にでもMSE等実車ではすれ違いがなかった他のロマンスカーと合わせて楽しみたいですね。


続きを読む


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

へのへのもへじ

Author:へのへのもへじ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。