へのへのもへじ工作室
05 | 2014/06 | 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電撃じゃなくて連結イライラ棒
さきほど投稿した KATO SBBゴッタルドの連結イライラ棒の写真です。

このように、車両下側には収縮式カプラーがあります。これとは別に収縮式幌がついていて、下側のカプラーとは無関係に動き回ります。この向きをすべて合わせないとうまく連結できません。向きがあっていても途中で、何かが引っかかるときもあります。

無駄が嫌いな?KATOのことなのでこの構造にしないとうまく行かない理由があったのでしょうね。でも、この構造ではお子さんだと壊してしまいそうな気がします。


スポンサーサイト
TEEゴッタルド入線
また海外物の入線報告になります。以前購入したクロコダイルのお供に、KATOからかなり前?に発売されたSBB RAe IIを手に入れました。

先頭車は「TEE」のマークが立派です。少し、南海電鉄の電車に似ている気がします。6両編成ですが立派な食堂車が1両組み込まれており、このテーブルランプが点灯します。また、隣には電動車が連結されますが、屋根上が賑やかです。パンタグラフが4基付いていますが、このように2つ上げるのが正しいのでしょうか?また、屋根上配線が金属線で暗い屋根のアクセントになっています。

走行性能ですが、フライホイール付でKATOらしい走りで安心します。しかし、一つだけこの商品は難点が・・・幌付収縮式カプラーが実感的なのはいいのですが、幌の向きを完全にあわせないと連結できず、イライラします。「電撃イライラ棒」でなく「連結イライラ棒」になっています。

続きを読む
ターンテーブルリモコン化
マイコンを取り外した後、ブレッドボード上のarduinoにつなげました。とりあえず、リモコン操作で動かします。
http://youtu.be/O_G1bCB2vGw



続きを読む
遅かれ早かれこういうことに・・・
ターンテーブルのコントローラ、分解後結局元に戻さずにこの姿になりました。
まずは、ある手を使って読めるものを読み出します。
デバイス名 attiny24A (deviceID = 1E910B)
fuse = 0xFF,high = 0xDF,LOW = 0x62
内部8Mクロックで動いているようです。
プログラムは予想通り、ロックがかかっていて読み出しできません。

さて、マイコンチップを基板から取り外します。まわりをマスキングテープで養生し、半田を大盛りにして溶かします。全周溶けた瞬間を見計らってマイコンをずらします。これで、部品に隠れていた配線がすべて確認できます。

1.VCC 5V
2.PB0 TURN moter
3.PB1 LOCK moter
4.PB3 CPU RESET-
5.PB2(OC0A) PUSH-(0Vでオン)
6.PA7(OC0B) PULL-(0Vでオン)
7.PA6 緑LED 
8.PA5 ターンテーブル回転スイッチ入力1
9.PA4 ターンテーブル回転スイッチ入力2
10.PA3 (結局未使用)
11.PA2 ターンテーブルセンサー
12.PA1 (結局未使用)
13.PA0 (結局未使用)
14.GND

4番ピンはなにかつながっているかとおもったのですがただのCPUリセットでした。また、いくつかのピンからパターンが伸びていたようですが、結果として先日調査したものにターンテーブルからのスイッチ入力とLED点灯出力がすべてでした。

さて・・・


続きを読む
arduinoブーム再来?
こんにちは

最近、始められる方も大勢?いらっしゃるので、私も久しぶりに作ってみました。

ユニバーサルボードにarduinoの元(bootloader)を書き込み、以前作った通信アダプタ(FT232)をつなげます。いつも同じところでつまずき、同じ記録をたどってようやく完成です。

これから先は次回用の備忘録です。必要な設定、ファイル鶏のようにいつも忘れてしまいます。

EXTENDED = 0xFE(broun out detect 1.9Vに変更)
HIGH = 0xDA (いつもの通り)
LOW = 0xE2 (内部クロック8MHz)
ATmegaBOOT_168_atmega328_pro_8MHz.hex ←ブートローダー

続きを読む
ターンテーブル分析データ
ターンテーブルのマイコンの信号をLEDでわかりやすくしたつもりです。
信号の役割
CPU2ピン:TURN
CPU3ピン:LOCK
CPU4ピン:常に5V (配線はつながっているので電流の異常検知とか?)
CPU5ピン:PUSH(0Vでオン)
CPU6ピン:PULL(0Vでオン)
とします。
動画はこちらです。
http://youtu.be/sCqz8Fd1qs4

これから読み取った内容です。
また、オンを★ オフを☆、パルス(100Hz、50%)を▲とします。

1.レバーを左に倒す
TURN=☆、LOCK=★、PUSH=☆、PULL=★を1秒間(ギーという音で解除)
2.その直後に
TURN=☆、LOCK=☆、PUSH=★、PULL=★を0.1秒間
3。回転開始を指令
TURN=★、LOCK=☆、PUSH=★、PULL=☆
4.レバーを戻すと回転がゆっくりに
TURN=★、LOCK=☆、PUSH=▲、PULL=☆ 
5.レールと一致すると
TURN=☆、LOCK=★、PUSH=★、PULL=☆を1秒間(ギーという音で回転ロック)
6.その直後に
TURN=☆、LOCK=☆、PUSH=★、PULL=★を0.1秒間

7.レバーを右に倒す
TURN=☆、LOCK=★、PUSH=☆、PULL=★を1秒間(ギーという音で解除)
8.その直後に
TURN=☆、LOCK=☆、PUSH=★、PULL=★を0.1秒間
9.回転開始を指令
TURN=★、LOCK=☆、PUSH☆=、PULL=★
10.レバーを戻すと回転がゆっくりに
TURN=★、LOCK=☆、PUSH=☆、PULL=▲
11.レールと一致すると
TURN=☆、LOCK=★、PUSH=★、PULL=☆を1秒間(ギーという音で回転ロック)
12.その直後に
TURN=☆、LOCK=☆、PUSH=★、PULL=★を0.1秒間

こんな感じです。

続きを読む
ターンテーブル分析完了
小さいほうのICが何をしているのか、ようやくわかりました。
想像ですが、電源を入れた時の誤動作防止で、操作中は無関係だと思います。

最初は別に操作しやすいものを作ろうかとおもいましたが、製品を改造したほうが早そうです。それならコントローラ部だけもう一台と思い、ホビセンに聞いたのですが、ASSYの販売予定はないとのお答え・・・・あたりまえか。

今後の進路を迷っています。


自動信号機その3
自動信号機プログラムの試作品のご紹介です。なぜか動画がアップできないのでリンクを貼ります。
http://youtu.be/BqFvXTYf93E

先頭がセンサーの上を通過すると一番下の赤を点灯(動画では黄色と区別しにくいようですが)、最後尾が通過してから黄色、そして青に戻ります。また、逆行の場合は、赤から直接青に戻しています。

今回は光センサーを使ったので、暗めの室内で動作するか不安でした。でも試してみると、隙間の明かりでも無事動作しました。なお、今回のテストでは一番上の緑が消灯しませんが、これは修正する予定です。

続きを読む
相鉄バスコレ
ローカルな話ですが、本日出かけたついでに相鉄バスコレを買ってみました。白に鮮やかな青、オレンジの塗装が綺麗でした。バスの車種については詳しくないのですが、この大きい方は見たことがありません。

ただ、キムワイプのような旧色の方が「相撲鉄道」らしいような気がするのは私だけでしょうか。



続きを読む
自動信号機その2
自動信号機自作のその後です。先日の回路にあわせて試作し、まずはセンサー(CDS)からの信号を確かめます。センサーは枕木2つ分距離を置いて、裏側から配線を取り出します。センサーの回路を電池で動作させて機関車を前後させます。すると、車両の動きに合わせて信号の電圧が上がったり、さがったりします。(やはりこういう時にはオシロスコープは便利ですね)

これをマイコンで読み取って信号機を動かしたいのですが、なかなか安定して動きません。なお、今回TOMIXの分売パーツを使ったのですが古いタイプで青が緑で光っていましていまいちですね。まだまだ改良の余地がありそうです。


続きを読む
ターンテーブルコントローラの分解
結局我慢できず、KATOターンテーブルのコントローラを分解してみました(まだ、一周もさせていませんでした)。

中には基板が1枚、表にIC2個ありますが、大きい方はマイコン(アトメルattiny)でした。水色のコネクタはプログラム書き込み用と思えます。小さい方はまだわかっていませんが、タイミングをとる回路かもしれません。あとトランジスタ6個はモーター駆動と保護回路のようです。

またコネクタの配線がわかりました。

1番 センサー入力信号
2番 センサーのグランド
3,4番 モータ1へ
5.6番 モータ2へ(どちらが回転用かは不明)
7.8番 レール給電

調べながらの投稿でちょっとわかりにくくなってしまいました。後日、まとめておこうと思います。

ターンテーブルを分析する
散財した挙句、今月どうやって食い繋ごうか考えつつ、ターンテーブルを点検します。

まずACアダプターを見ると電源電圧は5Vと書いてあります。ターンテーブルのモーターはSLのものと同等でしょうから、5Vなら速度もちょうどいいし、耐久性も十分だと思われます。

次にコントローラ、分解しようとするとゴム足をはがさないとだめなようです。今日は買ったばかりなのでやめときます。操作ですが、この操作スイッチは左、右にそれぞれ固定されるタイプのトグルスイッチです。個人的には自動的に中央に戻るタイプ(モーメンタリ)がよかったと思いますが、互換スイッチが見つかれば交換は可能と思われます。

コントローラと本体の間は8芯のケーブルでつながります。このコネクタ、ロックレバーもあるので、ちょっと取扱いに注意しないと配線を痛めるかもしれません。
ここから想像ですが
 レール給電 2本
 モーター 2本程度
 センサー 3本程度
がつながっているものと思います。1本空きがあれば、いろいろと改造に便利なのですが、、、まあ細かいことはコントローラを分解すればわかります。

また、ターンテーブルから周囲への給電は、接点がでているだけでTOMIXと同じ構造ですね。この構造からすると、想像どおりプラの鍵位置を変えることで15°改造も不可能ではなさそうです。

追記:
一度、定位置になると爪でロックするので、それを引き抜くための切り替え機能があると考えています。
想像した配線
 モータ1 2本
 モータ2 2本
 センサー 2本
 レール給電 2本



ちょっと覗くだけのつもりが・・・
こんにちは、

こちらで好評のKATO C57、外観良し、走り良しとのことで気になり見てきました。すでにみなさんの報告通りの仕上がりを確認、ここですんなり引き返す予定だったのですが・・・

結果としてその線路につながったものまで手にぶら下げていました。あ~あ・・・



続きを読む
アクセサリ制御システム(ミニレイアウト11)
今回追加した駅舎の電源配線についてご紹介です。建物の1Fと2Fの間にプリント基板を嵌め込み、1Fは裏側にチップLED、2FはリードLEDを使って延ばして取り付けています。また、室内の床は白ボール紙をつけて発光をよくしています。最初はいろいろ建物内を作り込もうとしましたが、窓が小さく中が見えないので断念しています。

なお、今回のミニレイアウトの電源は、
http://traintrain.jp/blog/detail/mid/24708/date/2014-03-02
でご紹介したとおり当初DCCで考えていました。この基板からDCC電源を整流して送ります。ところが、その後購入した車両のいくつかは当面アナログのままで運用予定となりました。(まあ、DCC化が絶対にできないという訳ではないですが・・・)

そこで、このDCCデコーダにACアダプタと赤外線通信機能を追加しています。ACアダプターがつながれた時は、DCCから赤外線制御に切り替わります。小型赤外線リモコンは以前購入した物ですが、iPhoneでも制御可能です(この赤外線車両制御は2年前製作したものです)。ただ、この赤外線アダプタは現行iPhoneにはコネクタが変更になったため利用できません。


続きを読む
駅舎に灯りを(ミニレイアウト10)
ちょっと夜景を楽しめるよう、駅舎に点灯工事を行いました。

建物の中にLEDを入れますが、結構透けるので壁と屋根の内側を黒塗りします。写真を撮ると、パーツの間から光が漏れてるのがわかっちゃいますね。まあ、完璧でなくてもよいのでこのままですが。

また、駅の入口に傘つきの電球をつけてワンポイントとしました。ここまでやると、やはりホームにも電灯がほしくなりますね。

続きを読む
自動信号機その1
自動信号機は、TOMIXから発売されていますが、電源は別に配線が必要です。レイアウトが大きくなると電源配線も大変でしょうから、レールから電源を取って動作させられないかちょっと考えてみました。

実は、1年ほど前に回路図まで検討していたものです。電流がとれないので、arduinoではなく小型マイコンを使います。この方式は、車載デコーダで実績があります。今回車両の検知は、光センサー(CDS)を2つ使います。その明るさの差で列車の通過と方向を読み出そうというシナリオです。また、逆走では赤色固定にするための回路をつけています。はたして、うまく行くものやら・・・







続きを読む
荷物車をよく見ると・・・
引き続き、オリエントエクスプレス’88ネタです。今回、日本で走行したときには荷物車のキューポラが交換されていたと聞いていましたが、今回の模型では、もちろん作り分けているようです。

しかしながら、よくみると窓が開いていません。せっかくの窓なので、埋められた状態で使っていたとはあまり思えないのですが、本当のところどうなのでしょうかね?





天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

へのへのもへじ

Author:へのへのもへじ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。