へのへのもへじ工作室
07 | 2012/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノレール動力化・T車の車輪周りを製作する
さて今日は、T車の車輪まわりのご紹介です。

まず、製作するにあたって注意したところは、
 (1)ボールベアリングで走行抵抗を極力少なくする
 (2)見た目をよくするため、直線では車両が傾かないようにする
 (3)なるべく簡単に量産できるようにする
といったところでしょうか。

いくつか試した結果として写真一枚目の構造としました。左から右にかけて製作します。まず、車端側に1mmプラ板2枚でガイド車輪の柱をさし込めるようにします。穴の大きさはシャフトに合わせて直径2mmです。柱の間隔は11mmとして、ベアリングの外径5mmを引いて6mmの隙間を作ります。ベアリングで挟み込まれるレールの幅は5.5mですので、0.5mmのクリアランスとなり、スムーズに走るが脱線しない状態を作ります。また、実車の台車収納部分には主輪となるベアリングをつけますが、高さ調整として0.3mmプラ板をはさんでいます。

今回、すべての車輪には2枚目の写真の通り、タミヤのミニ四駆グレードアップパーツ「MSシャーシ用ギアベアリングセット」を使っています。このベアリングは、路面にあたる部分の幅がちょっと広いので、主輪だけでも車体の傾きが抑えられることに期待しています。定価で2個420円、T車一両に3セット必要なので高価ではありますが、シャフトも無駄なく利用できます。

なお、3枚目の写真のとおりシャフトはラジオペンチでカシメて(傷をつけて)ベアリングを嵌り込むようにしています。これで、ガイド車輪の下の出っ張りをなくせます。その他は、プラモデル用接着剤か、(とりあえず仮止めとして)木工ボンドで接着です。

今回、いろいろと検討期間が長かったせいか、動力化の糸口がみえて、一気に予算(小遣い)を浪費?しています(^^)。ベアリングをまとめ買いして金銭感覚が狂っているのかもしれしれません。元は、2000円程度のプラモデルでしたが、ここまでくると、もう後にはひけません(笑)。

続きを読む
スポンサーサイト
モノレール動力化・組み立て式レールを作る
久しぶりの更新となります。

先日よりモノレールの動力化加工を復活しています。半年前までは車輪からの集電を考えていましたが、帯金などを曲線レールに這わせて大量生産するのは難しいと判断し、電池式に目標変更です。にしおかさんが採用したバスコレ動力が低消費電力であったことも電池式採用の後押しとなりました。

レール側の電気加工が不要になったので、車両と平行してレールを組み立てます。しかしながら、プラモデルのレールはもともと走行用ではないし、組み立て式にすることも考慮されていませんので一工夫必要になります。レール本体も路面上面の合わせ目を平滑に仕上げておいたほうがいいようですが非常に手間がかかります。

いろいろと考えた末、写真の通り橋脚の中央部分で分割できる構造としました。レールの両端にはモナカの半分の状態のまま橋脚を瞬間接着剤で取り付けてしまいます。橋脚同士は、ガイドが2つあるのでレールのズレは走行に支障がない程度です。ただし、モノレールを走行させると振動で外れてしまうかもしれないので、抜け防止が必要になるかもしれません。

また、安定走行のためには、橋脚とレールの垂直が保てるか、またはレールがねじれないように接着できるかが重要になりそうです。写真のような紙のジグに両面テープで仮止めしてから、レールと橋脚を接着すればうまくいくかと考えておりますがどうでしょうか。なんと、一周20本組み(複線なので2倍の40本)なので、完成はまだまだ遠そうです。

続きを読む


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

へのへのもへじ

Author:へのへのもへじ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。