へのへのもへじ工作室
02 | 2012/03 | 04
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動点滅する信号機
工作派コミュニティで考えていた"Tiny-Traino"ですが、その第一弾として自動点滅信号機が完成しました。

マイコンは、秋葉原で購入した1個45円のもので、これに信号機の点滅プログラムを書き込み信号機のライトの裏に貼り付けています。

こうすれば、配線を2本まで減らせるので、見た目がよくなると思います。(さらに、支柱を真鍮パイプにして中に配線を通せば、見えなくなります)

よろしければ、製作記事は、こちらを参照ください。ご意見、お待ちしています。
http://railroad-models.at.webry.info/

続きを読む
スポンサーサイト
やはり コレがお似合い?
さて、先日のオリエントエクスプレス'88ですが、何となくD51・EF58の重連がしっくりとこないため、こんなものに手を出してしまいました。

こちらではあまりなじみがないかもしれませんが、ドイツの蒸気、BR01です。私も海外型には詳しくないのですが、雰囲気が気に入ったminitrix製のこちらにしました。オリエントエクスプレスの牽引機としては、もっと近いタイプがあったようですが、好みでウィッテデフを選びました。

いくつか気付いたところをご紹介です。まず、下回りが鮮やかな赤で巨大なスポーク動輪が新鮮です。鉄道博物館の入り口にもこの動輪だけが飾られていたはずです。また、ロットは細く黒染めで落ち着きがあり、見た目のバランスがいいです。

それに比べて、上回りは普通です。手すりなどもモールド表現ですが、印刷は細かいです。動力はテンダーモータ・テンダードライブです。荷重をかせぐためかテンダーだけはダイキャストですが、エンジン側と見た目では素材の違いはわかりません。一番の違いは触った感触、金属なので冷たいです。

とりあえず、オリエントエクスプレスを牽引して試走です。もちろん、マニ、オニは編成から外します。走りの方ですが、軽いギアの音がしますが、走りは非常にスムーズでスローもきくようです。
電球のためかヘッドライトがちょっと暗いので、後日加工をしようかと考えています。

続きを読む
残念!オリエント牽引機が・・・
先日購入のKATOオリエントエクスプレス'88ですが、考えた末に今回は手持ちのものを流用しようかと考えました。
結果として、ちょっと満足出来なかったのですが、ご参考になればということでお知らせです。

まずD51ですが、リニューアル後の現行498号機があるので、一番特徴的なテンダーとヘッドマークのみASSYパーツを購入です。
型番は、 2016-1D5 498テンダー台車、2016-2A1 498オリエントテンダー、2016-2E3 オリ 498ヘッドマークとなります。
テンダーの組立は、台車を取り付けるだけ、ヘッドマークも部品を一つ交換するだけで、説明書をみれば手順は簡単です。
エンジン側はオリエント牽引機と詳細で違いがあるようですが、動輪が黒色メッキですので個人的には好みです。

また、EF58-61もちょっと前の製品でしたので、クイックヘッドマーク用の磁石がありません。磁石は、他の機関車から片方拝借すればよし。ただ手元のEF58ではさしこんだだけではボディにぶつかるので、プラスチックの部品をちょっと削って取り付けました。内装は標準色と同じですが、気にしません。

さっそく組み付けて重連して楽しもうとすると・・・残念ながら、まったく動力ユニットが同調しませんでした。
D51の起動が早めでスリップしているのに、EF58側がふんばっている感じです。
EF58は手持ちから出足が速いものを選んだものの、あまり変わりがありません。モーターの特性そのものが違うのでしょうかね。

今回のD51は、そのあたり協調を考えた特性に変更となっているのでしょうか?それとも、今回のEF58-61は出足が早くなっているのでしょうかね・・・
どうしても協調をさせたければ、ダイオード等で起動電圧を合わせることもできますが、やはり購入したままで楽しめるのが一番ですね。



続きを読む
オリエントエクスプレスの点灯加工
久しぶりの投稿になります。最近、模型からちょっと遠ざかっていたのですが、先日KATOのオリエントエクスプレス再生産品を購入しました。中身を見るなりちょっと豪華にしてみたくなり、皆さんの評判がいい「LED室内灯 クリア」も合わせて入手しました。そこで気付いたことをちょっと、ご報告です。

まず、プルマン食堂車の取り付けはLEDユニットの基板だけを取り出して使うような指示がありますが、基板ホルダー(白いプラ部品)の取り付け足だけ切り取ればカラーフィルターを挟み込んだまま取り付けできるので、手間はかかりません。ただし、車体にある接点の先端をちょっと切らないとLEDユニットが浮き上がり、ボディがきちんとはまりません。

また、荷物車はボディの天井部分をくりぬく必要があるのですが、スリットが狭くニッパの歯が入りません。カッターを使うときは、他に傷をつけないよう注意が必要ですね。ちょっと手間がかかるのですが、屋根のドームにもガラスがはめこまれ綺麗に点灯しますので気に入っています。(ただ、実車では照明が漏れる構造だったのかは知りません)

あと最後尾のオニ23には室内灯は標準では組み込みできない構造です。照明が必要なのは車端の車掌室だけのようなのでチップLEDを組み込んでみました。(アイデアはのぐろうさんからいただきました、ありがとうござました)


続きを読む


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

へのへのもへじ

Author:へのへのもへじ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。