へのへのもへじ工作室
06 | 2011/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

485系200番台購入、ちょっとわからないことが・・・
行きつけのお店で、前回買いそびれたTOMIX485-200を購入しました。久しぶりのフル編成での購入です。

200番台は動力ユニット以外は再生産前と同じようです。1000番台の屋根がちょっと黒っぽかっただけに、こちらの銀屋根の方が私の目には自然に見えてしまいます。また、増結用のM車だけは、車掌室付の600番台が維持されているようでよかったです。

とりあえず、手持ちの0番台と合わせて試走したのですが、さすがにフライホイール付ユニットの方が走行性能も安定しているようですね。昔よく見かけた0番台と200番台の併結のため、0番台の旧動力ユニットを更新したくなりました。分売パーツである「0674 動力485系FW」を購入すれば交換できるのでしょうか。もしご存知であればご教授願いますでしょうか?



続きを読む
スポンサーサイト
これは何?
まだ寒いころですが、大阪にある交通科学博物館に行ってきました。
そのときのお話を少しさせていただきます。

こちらは、展示車両は手入れはされているものの、野外展示のためか塗装の艶がなくなっていたのがちょっと残念でしたね。車両は皆さんもご存知でしょうし、ホームページにも記載されていますので、写真は省略です。

今回ご紹介するのは、写真の回転変流機と水銀整流器という設備です。昔、電気を交流から直流に変換するのに使っていたものです。
電気に詳しい方はごぞんじでしょうが、昔は発電、送電は交流で、そのあと直流に変換して架線に電気を流し、直流モーターを回転させていました。

一つ目の回転変流機とは、自ら回転して直流を取り出せる変圧器といったかんじでしょうか。車両のモーターと違ってほとんど回りぱなしだったでしょうからメンテナンスが大変だったでしょうね。

また、水銀整流器は回転部がなくなったものの、これもまた取り扱いがやっかいだったようです。昔は今のシリコン半導体が実用化されていなかったので、整流するだけでも大変だったのですね。でも、現在の技術もまた時代が変われば、今とは違った見方になるのでしょう。

次は、名古屋に新しくできたリニア鉄道館にも行ってみたいものです。


続きを読む
今日の収穫☆△!
ふだん、あまり鉄道イベントに興味はなかったのですが、きょうは積極的に行動です。

まずJNMA、たぶん10年ぶり?に行ってみました。いろいろと面白いものがあったのですが完成させる自信もなかったので、コンテナの完成品のみいくつか購入です。帰って細かくみても、出来はかなりのものですね。また、このほかいくつかのブースの出店者の方と熱く語り合うことができたのはうれしいことでした。

また、別部隊(息子)が神奈中の90周年イベントを訪問、バスコレをゲットしてきました。こちらも、なかなかの出来でした。特に路線バスは小田急のお供にはなくてはならないものですね〜。





天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

へのへのもへじ

Author:へのへのもへじ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。